ぐずぐず天気を乗り越えろ!

8月に入ってから、すっきりしない天気が続いていますね。
気温が30℃まで上がらない日もあって過ごしやすいですが、これだけお天気の悪い日が続くと野菜やお米への影響が心配です。

まる子はエンゲル係数が高いので、とてもとてもとても心配しています!
と、同時にわが子のように農作物を育てている農家さんも、きっと心配されているだろうなと切ない気持ちになります。
さて、最近テレビで気象病という存在を知りました。
こんな風にお天気が悪い日が続くと、頭痛やめまいなどの症状が起こり、体調不良になる方が多いのだそうです。

まる子の友人にも天気の悪い日は頭痛がひどくて、仕事にも影響が出る人がいます。

ところが最近一緒にジムに通い始めてから、その頭痛の症状がだいぶ改善しているとのいうのです。

毎日運動をするので、夜もしっかり眠れて翌朝もすっきり!なのだとか。

※写真のきれいなお姉さんはイメージです。

ぐずぐず天気で体調不良に悩まれている方、もし興味がありましたらぜひ試してみてくださいね。

仕事に関するご相談

数霊鑑定でのご相談内容には、仕事に関するものも多いそうです。

例えば
「今の仕事を辞めるタイミングはいつ頃が良いのか?」
「今の仕事が自分に向いているのか?」
「新しい事業を始めたいが、これとこれならどちらを選ぶべきか?」
などなど。

数霊では、名前や生年月日からその人の役割や性格などが分かると以前からお話してきましたが、仕事に関してもそれらの情報を参考にアドバイスをするのだそうです。

鑑定では、どのような仕事がその人に向いているのかも分かるそうですよ。

例えば、「志ややりたいこと」のところが主導になっている人は、自営業に向いているのだそうです。(そしてやはり主導の場合、自営業の人が多いそうです。)

逆に「志ややりたいこと」が受動になっている人は、自営業に向いていないのだそうです。

主導の人の特徴のひとつに挙げられるのが、積極的に自己啓発本を読むこと。

あら・・・まる子は志が主導だからか、自己啓発本大好きですね・・・笑

ということは、自己啓発本に否定的な人は受動の人なのかな。

 

お仕事に関するご相談もぜひお気軽にご連絡くださいとのことです!

相弥さんへの相談メールはこちらからどうぞ

両親の相性

お盆になりました。
みなさん帰省されて、のんびりと時間を過ごされているでしょうか?

さて、先日相弥さんと雑談していたときに、
以前からなんとなく気になっていた両親の相性をみてもらいました。笑

みなさん気になりませんか?
まる子は前から気になっていましたよ。笑

相弥さんに鑑定してもらったところ、
「二人は運命の人ではないが、相性は良いですよ」とのこと!

両親が結婚した年は二人とも転換期で、
その後の転換期も同じタイミングで来ているのだそうです。

けんかもするけど、結婚生活が35年続くのにはちゃんと理由があるんですね。
なんだか納得しました!

もうすぐお盆です

私は子どもの頃、夏休みの一ヶ月を田舎の祖母の家で過ごしていました。

山や川など自然に恵まれた大変きれいなところで、毎日遊んでばかりいたのですが、お盆の時期だけは川に入らなかったことを覚えています。

それは「ご先祖様が帰ってくるお盆の時期は、川や海での水遊びはしてはいけない。」と祖父母に強く言われていたからです。

ご先祖様も寂しいから、あちらの世界にみんなを連れて行きたくなるんだそうですよ。

みなさんも特にお盆の時期のレジャーには、充分お気をつけくださいね。

 

さて、毎年祖母の家のある地域では灯篭流しをしています。

灯篭流しはご先祖様をお送りする送り火の一種ですね。

 

京都の大文字焼きも送り火の一種なんだそうです。(知らなかった・・・)

みなさんの実家では、お盆の季節にどんなことをしますか?

福岡の最強コンビ

さて、福岡と言えば・・・まる子の大好きな「博多華丸・大吉」さんです。

やわらかくて優しい雰囲気のお2人の笑いは、世代や地域を超えて、多くの人に愛されていますよね。

今回特別に相弥さんにお2人のことを鑑定してもらいました!

========================

■コンビ名

はかたはなまる・だいきち

外面数は、8です。
平和主義で、より多くの人を意識したコンビと言えるでしょう。
頭の回転も速く行動力もあるのですが、あまり考えすぎず突き進むと良いと思います。
また、気分にムラっ気があるのプライドが高くなる点には注意が必要です。

自分で手を動かすというタイプではないですし、周りの人や情報を繋いでいくタイプなので司会などの進行役などは合うのではないでしょうか?

社交性にも優れていて、人望もあって物腰も柔らかい…そんな印象を与えることでしょう。

■個々の性格

それでは、お二人の本名から個々の性格を観てみます。

おかざき みつてる(はなまるさん)

外面数も内面数も9になる「はなまる」さんは、裏表がなく、芯がしっかりしていて揺るがない大木タイプ。
でも…人に頼られるとなんとかしてあげたくなってしまう兄貴肌の人でもあります。

ガンコといえばガンコな人ですが、頼ってしまえば意外とチカラになってくれます。

よしおか ひろのり(だいきちさん)

一方、「だいきち」さんですが、こちらは外面数も内面数も1になる人。
「はなまる」さんと同じく裏表のない人です。

「だいきち」さんは、他人の目が気になる自分ダイスキっこ。
とっても純粋で、愛情だったり約束だったり思いやりだったり…目に見えないモノを大切にしてます。

もともと1つのコトをとことん突き詰められるタイプなので、これだ!といったモノを見つけたら一流の域に達するのも可能な人です。

■相性

そんな二人の相性としては、
出会った時からずっと新鮮な関係でいられる相性です。

きっと相手に飽きてコンビ解消なんてことは起きないのでしょう。
いつも新鮮な驚きがあり、いつまでも新鮮さが失われない間柄ですから。

陰陽で考えたら、両極端なお二人。一番陰側のだいきちさんと一番陽側のはなまるさん。
両極端だからこそ、お二人の役目もしっかり分けられるでしょうし、
一直線上で考えると両極端でも、丸くするとお隣同士になるお二人ですから、
よりお互いのことを理解し合える関係にもなるのではないでしょうか。

■転換期

将来の為に一手を打つタイミングとなる転換期が、来年お二人ともにやってきます。
来年は何かがあるかもしれませんね…。

========================

お2人と親しいわけではありませんが、相弥さんの鑑定はとてもしっくりきますね。

転換期が同時期に来るというのも、お2人が本当に相性がよく、仲が良いんだなと感じました。

今後も引き続きお2人のご活躍を応援していきたいと思います!

干支について皆さんどれくらいご存知ですか?

山笠にご縁の深い櫛田神社の入り口には、干支恵方盤というものがあります。

皆さんは干支のことをどのくらいご存知ですか?

今年の干支(えと)といえば、酉(とり)?

おしい・・・! 正しくは「ひのととり」になるんです。

干支(えと)は、十干(じっかん)と十二支(じゅうにし)でできています。

十二支(じゅうにし)はみなさんごぞんじですよね。
ね・うし・とら・う・たつ・み・うま・ひつじ・さる・とり・いぬ・い

今年の十二支は?と聞かれたら、酉年(とり)になります。


じゃあ、十干(じっかん)は?というと…よくわからない人が多いと思います。

まる子も最近相弥さんに教えてもらって知りました。

十干は五行と陰陽からできているのだそうで、五行(木火土金水)に陰陽(陽=え 陰=と)をあわせてこんな風になります。

木→ きのえ きのと
火→ ひのえ ひのと
土→ つちのえ つちのと
金→ かのえ かのと
水→ みずのえ みずのと

この十干と十二支をあわせたモノを干支(えと)と言います。

干支の漢字は十干の干と十二支の支を使ってますし、干支の読みは陰陽を表す「えと」になってますよね。

というわけで、干支は10(十干)x12(十二支)で120種類。
ではなく…じつは十二支は陰か陽のいずれかにしかならないので60種類になります。

うし
とら
たつ
うま ひつじ
さる とり
いぬ


たとえば、午年(うまどし)は「◯◯え」しかつかないんです。

「ひのえうま」とかね。「◯◯と」は絶対につかないんですよね。

こういうわけで、5×12になり、全部で60種類となります。
人は、60才になると還暦祝いをするかと思いますが、式年遷宮も60年に一度行われます。
60はとても不思議な数字ですね。

発祥の地

さて、前回ご紹介した聖一国師ですが、この方が日本にうどん・そば・饅頭の製法を伝えたと言われています。

実際に、博多にはこれらの発祥の地という石碑が建てられているんですよ。

うどんもそばも饅頭も大好きなまる子はもう聖一国師に頭が上がりません!

と言うわけで、博多で朝ごはんにうどんを食べました。

実はまる子、どうも讃岐うどんのようなコシの強すぎるうどんは少し苦手でして
博多のうどんくらいの細さとやわ麺が大好きです。

博多は本当にご飯がおいしいですな。

 

博多発祥とはまったく関係ないですが、暑くてお昼にぐい飲みしたタピオカミルクティーも大変おいしかったです。

店員さんが心を込めて入れてくれました。

 

スヌーピーのイラストつき(かわいい・・・)

仕事というか、完全プライベート感満載ですね・・・

はい、ちゃんと仕事します!

山!山!山!

福岡は7/1から7/15まで毎年山笠という有名なお祭り一色になります。
山笠はユネスコ無形文化遺産に登録されており、海外からもたくさんの観光客が山笠を見に来ます。

商店街の中にもこんな大きな山が・・・ しかもダースベーダー笑

 

今年の山笠も先日終了したばかりです。
山笠に参加されていた方々は、今頃とても寂しい気持ちで日常に戻られているのではないでしょうか。

 

山笠の起源は鎌倉時代。
博多で疫病が流行した際に、承天寺の開祖・聖一国師が、町民が担いた施餓鬼棚に乗って祈祷水を撒きながら町を清めてまわり、疫病退散を祈願したところから始まったと言われています。

確かに、山が街中を走るとき、あらゆるところで水をかけるんですよね・・・
もちろん暑いからというのもあると思いますが、もしかしたらこの由来とも関係しているのかな、とまる子は勝手に思っています。

この聖一国師は次回の記事でも出てくると思いますので、ぜひ覚えておいてくださいね。

今年も素敵な山がたくさんありました。
どれも素敵でしたが、中でも一番感動したのはこちらです!

写真だと伝わりづらいのでとても残念なのですが、この鬼が近くで見るとまるで生きているような魂のこもった素晴らしい作品でした。
なんとこちらを制作された方は、この作品がデビュー作なんだとか・・・
来年も楽しみですね!!

空港ってなんだかとっても好き

さて、昨日お仕事で福岡に行ってきました!
利用したのはSKYMARK AIRLINES。

なんとSKYMARKと福岡ソフトバンクホークスがコラボしたTAKAGIRL JETに乗ってきましたよ!

こういう遊び心好きです。笑

機内ではSKYMARKとコラボしたキットカットが配られました。

朝一で空腹のまま飛行機に飛び乗ったのでおいしかったな~♪
さて、私は空港が大好きです。
空港ってわくわくしませんか?(主に旅行で利用するからかもしれませんが・・・笑)
だから、まる子は特に用がなくても空港に行くこともあります。

世界中からたくさんの人がやってきて、同時に世界中に人が飛び立つ場所でもあるので、まる子は勝手に「空港は気の流れがとてもよい、気持ちのよい場所」だと思っています。

逆に、東京はよく気の流れが悪い場所と言われていますよね。
それが東京マラソンを始めるきっかけになったなどという説もあるくらいですから。

とはいえ、まる子の主観なので、真実のほどはわかりません。笑

さぁ、今日から当分福岡ネタが続きますよ!
ぜひお付き合いくださいね (^^)v

男女の違い

毎日暑いですね!
みなさん熱中症には十分お気をつけください。

さて、今日は結婚相手との相性を鑑定するときに表れる男女の違いについてお話しします。

男性は結婚相手との相性を鑑定するとき、その相手は必ず一人なんだそうです。
「そんなの当たり前じゃん!」と思われるかもしれませんが、女性の場合、鑑定する相手は必ず複数いらっしゃるそうです。笑

恋愛において、よく「男性は一本道、女性は曲がり道」などと言われることがありますよね。

これは、男性は振り返ると今まで付き合った女性すべてが見えるけれども、
女性は曲がり道だから、振り返っても過去の男性は見えない。
そして女性の場合、進む先の道も複数の曲がり道になっているんでしょうね。
選択肢がたくさんあるのでたくさん悩まれるのだと思います。

こう考えると男性のほうが乙女なのかもしれませんね。

あなたが鑑定したい相手は何人ですか?