台風の名前を鑑定してみた!

みなさま、ご無沙汰しております。

三連休いかがお過ごしでしたでしょうか?
といっても、せっかくの連休に台風が来て、お天気だったのは最終日だけでしたね・・・

さて、皆さんご存知のとおり、台風には必ず名前がつけられます。
ということで、今回はこんな企画に相弥さんに付き合っていただきました。

数霊で台風の名前を鑑定してその勢力や動きを予測できるのか!

まる子:今回の台風18号はタリムという名前です。

相弥さん:外面数は「7」ですので、マイペースだし目立ちたがり屋さんですね。
マイペースだから、ジョギングのような速度でゆっくりしてるかと思えば、早い速度になったり。
また、沖縄・九州・四国・本州・北海道と日本列島のすべてに上陸して縦断していくのも目立ちたがり屋さんだからでしょうか?
台風の名前が「7」のときは警戒した方が良いのかもしれません。

まる子:なるほど。一方で日本列島に接近したけど、上陸しなかった台風15号はサンヴーです。

相弥さん:外面数は「3」ですので堅実的で現実主義。
父島に上陸したことで納得したのでしょうか?
もしくは、現実的に被害が増えることを恐れて温帯低気圧になってくれたのでしょうか?
もしかしたら堅実な台風で助かったのかもしれません。
そう考えると、今後も台風の名前は「3」になるようつけてもらえるといいかもしれませんね。
今回の鑑定結果は、数ある台風の中からたった2つの台風を例に挙げただけなので、たまたまかもしれません。

ただ、台風は上陸すると、甚大な被害につながるので、台風が来るたびに
「進路が反れたり、温帯低気圧に変わってくれないかな」とつい祈ってしまいます。

他国を攻撃するミサイル開発に力を入れるより、こういった自然災害から国民を守るほうに世界中が力を入れてくれたらいいのになと思う今日この頃です。