山!山!山!

福岡は7/1から7/15まで毎年山笠という有名なお祭り一色になります。
山笠はユネスコ無形文化遺産に登録されており、海外からもたくさんの観光客が山笠を見に来ます。

商店街の中にもこんな大きな山が・・・ しかもダースベーダー笑

 

今年の山笠も先日終了したばかりです。
山笠に参加されていた方々は、今頃とても寂しい気持ちで日常に戻られているのではないでしょうか。

 

山笠の起源は鎌倉時代。
博多で疫病が流行した際に、承天寺の開祖・聖一国師が、町民が担いた施餓鬼棚に乗って祈祷水を撒きながら町を清めてまわり、疫病退散を祈願したところから始まったと言われています。

確かに、山が街中を走るとき、あらゆるところで水をかけるんですよね・・・
もちろん暑いからというのもあると思いますが、もしかしたらこの由来とも関係しているのかな、とまる子は勝手に思っています。

この聖一国師は次回の記事でも出てくると思いますので、ぜひ覚えておいてくださいね。

今年も素敵な山がたくさんありました。
どれも素敵でしたが、中でも一番感動したのはこちらです!

写真だと伝わりづらいのでとても残念なのですが、この鬼が近くで見るとまるで生きているような魂のこもった素晴らしい作品でした。
なんとこちらを制作された方は、この作品がデビュー作なんだとか・・・
来年も楽しみですね!!

「山!山!山!」への1件のフィードバック

コメントは停止中です。